AO-CHU

あおちゅう(青ヶ島)あおちゅう(青ヶ島)

あおちゅうをブランディングしていくにあたり、今後のブランディングの方向性を示す「ブランドコンセプト」と、あおちゅうの歴史や価値を表現する「ブランドストーリー」を策定しました。今後策定したブランドストーリーやコンセプトに基づき様々な施策を行っていく予定です。

[ブランドコンセプト][ブランドコンセプト]

島の恵みが溶け合い生まれる、
命の焼酎

[ブランドストーリー][ブランドストーリー]

外界から隔絶された火山の島に、
古の蒸留酒の面影を宿す焼酎があった。
島に棲む野生の菌で醸す。
野生の菌は
森のタニワタリに抱かれて眠っている。
麹菌は麦を醸し、
酵母は芋を醸す。
島人の命を支えた恵みを、菌と分け合う。
島の恵みが溶け合って、
命がブツブツと湧いてくる。
青い花の蜜のような、島の夜の楽しみ。

[本取組の体制][本取組の体制]

特産品事業者

青ヶ島酒造合資会社

現在、青ヶ島には10名の杜氏がいて、それぞれに焼酎を造っています。私も母が造っていた焼酎造りを継承し、自分なりの改良を加えながら製造しています。
焼酎造りは大量の麦や芋を扱い、夜も2時間おきに起きて麹を管理したりと、体力的にキツイ仕事です。やめたいと思ったことも度々ですが、やり始めたからには良いものを造りたいという思いで造り続けています。
ブランド化支援事業を通じて、焼酎造りが生業として成り立つものにできるよう、価値を高めていろんな方に楽しんでもらえるようにしたいです。
そして将来、あおちゅうに興味を持って焼酎造りを継いでくれる若い人が増えてくれることを願っています。

コンサルティング等

コンサルティング等

連携

ブランディング
アドバイザー

小倉ヒラク(おぐら・ひらく)

発酵デザイナー

青ヶ島の風土の結晶、「あおちゅう」の不思議の虜です。日本における焼酎の起源の面影を残す、ユニークな文化の価値が伝わるように頑張ります。

販売支援
アドバイザー

金山宏樹(かなやま・ひろき)

株式会社うずのくに南あわじ
飲食事業部 取締役

青ヶ島を訪問した際に、島民のとある方の1日の「生き方」をお聴きして、この島の支え合い方に感銘を受けました。島民の生活の一部であり、魂であり、大好きなものであるこの「宝」を大切に味わっていただける方と出会えるきっかけがこのプロジェクトで生まれればと思います。